製品情報

  • 製品トップ・特徴
  • スペック・写真

分離式スポンジングマシン HSM-1800-Ⅱ / HSM-1800-Ⅲ

分離式スポンジングマシン HSM-1800-Ⅱ/Ⅲ

A 解反部

バケット式自動解反装置が標準装備されています。
生地送りローラーが原反を無張力で解反し加湿部へ搬送して行きます。

B 加湿部

コンベアメッシュベルトを採用しています。
高湿度型加湿装置を3基装着し、天然繊維、化学繊維共に十分な緩和を促進します。
振動装置(バイブレーション)が2ヶ所設置されており生地をよりリラックスさせます。

乗移段差バー  加湿部コンベア―速度を自動調節します。

外フードの内側にフェルト張り内フードを設置しドレン対策と同時に蒸気を滞留させます。

C加熱部

帯電防止タイプのテフロンベルトが適度に起毛を押さえ、素材に応じてヒーターのリフトアップも調整できます。
加熱ヒーターは硬質アルマイト処理アルミヒーターを採用。 蒸気、電気のハイブリッドタイプヒーターを採用しました。

D冷却部

コンベアメッシュベルトをベルトを採用。
2台のシロッコファンで加熱処理後の生地を室温まで冷却します。操作パネルで風量の調節が可能です。

振りたたみ装置は生地の有無を検知し600mm幅で振りたたみします。

生地の処理速度は0~12m/分の間で調整できます。

型式 HSM-1800-Ⅱ HSM-1800-Ⅲ
全長 4260mm 4840mm
全幅 2500mm
全高 1870mm
重量 2100kg 2200kg
電源 3相  3.2kw
蒸気圧、消費量 0.6Mpa 150kg/h
蒸気接続口径 入り口、出口共20A(3/4B)
圧縮空気接続口径 10mm
コンプレッサー容量 0.75kw 以上
フード排気口径 250mm 排気ファン必要
冷却バキューム口径 150mm
最大処理幅 1800mm
処理速度 1.2~12m/分(常用5~7m/分)
振りたたみ幅 600mm
ページの先頭に戻る