製品情報

  • 製品トップ・特徴
  • スペック・写真

レーザー式自動裁断機 KML-1713CV-C

レーザー式自動裁断機 KML-1713CV-C

 

特徴

  • 昇華転写されたプリントパーツの外周線をカメラで認識し、高速で精度良く自動裁断します。
  • プリントパーツの外周線をカメラで認識しデータ化するため、CAD、イラストレーター等のデータの必要がありません。
  • レーザーによる非接触での裁断で裁断クズが発生せず、細かい形状も正確に裁断できます。
  • レーザーによる裁断でポリエステル素材のカット面を溶断し、ほつれ止め効果があります。
  • 平版プレスによるプリント生地やドラムプレスでのプリント後、ロール状になった生地にも対応します。
  • 小さなパーツから長尺パーツまで自動裁断可能です。
  • レーザーは電力消費も大変少なく、低ランニングコストでの運用が可能です。
  •  
  • 本体

形式名

KML-1713CV-C

製品名

レーザー式自動裁断機

有効裁断幅

1700mm

有効裁断長さ

1300mm コンベア搬送にて連続裁断可

レーザー方式

CO2レーザー Class4

レーザータイプ

ガラスチューブ 定格100W

冷却方式

水冷循環方式

裁断速度

400mm/sec

裁断テーブル

アルミニウムスラット式コンベア

安全装置

カバーオープンストップ・非常停止スイッチ3か所

表示言語

日本語/英語/中国語

電源仕様

1P200V 5KW 25A

寸法

2600(W)×2100(D)×2550(H)

重量

1500kg

ページの先頭に戻る