技術情報

検針機

機械の設置について

機械を持ち上げる際に、ローラーを持ち上げてはいけません。
ローラーが曲がることにより、機械がノイズを受けることになります。

サイドカバーを外し、フレームを持っていただけたら問題ありません。

検針機を下記の装置などから、出来るだけ距離を離して設置して下さい。

  • 扇風機
  • 天井設置型ファン
  • ミシン
  • 金属製台車
  • バキューム台
  • 梱包機

機械設置場所の選定

HN-670C, 680C, 770G

1.上矢印、エンターを押しながら、電源を入れます。

2.小さな音が鳴るまで、上矢印、エンターを押し続ける。

ステータスに、TEST と表示されます。
この状態で、外部ノイズの影響を受けているか確認できる。

1.検出位置ランプ

2.感度設定10にして、外部ノイズの反応を調べる。設置環境がよければ緑ランプは3個以内で点灯します。

3.赤ランプまで点灯する場合は、設置環境がよくありません。機械の設置場所を移動する。ノイズ発生源を遠ざける。

アジャスターボルトで機械を床に固定。

アジャスターボルトの固定は、4ヶ所同じように機械の重量が載るようにセットしてください。

検針ルームに壁の設置

二度検針の場合の検品ルーム

ページの先頭に戻る