技術情報

検針機

ハシマは、針先進入方向の違いによる反応値の差異が原因での見逃しを防ぐため、ツーヘッドタイプでの検針か、シングルタイプを2台使用した2度検針をお勧めしています。

画像の内容

  • シングル検針機による2度検針

検針機をL字に配置し、機械の間に人が立ち、商品の裏表を返すだけで商品の向きを簡単に転換できます。※HR-5050を使用すれば自動で商品を裏表を返してくれます。

画像の内容

 

画像の内容

※ただし、シングル検針機では商品の長さによっては方向を変えられないケースもあります。

画像の内容

  • ツーヘッド検針機による1度検針

商品の向き、表裏を変えることはできませんが、前後センサーヘッド角度の違いにより方向性による見逃しを減少できます。

ページの先頭に戻る