技術情報

検針機

HN-870CS、HN-780GS、HN-880C、HN-790G、HN-2870CS、HN-2780GS、HN-2880C、HN-2790Cには、スーパーファインモードが搭載されています。これはコンベア速度を 40m/分~15m/分の間を1m/分きざみで調整できるモードの事です。
近年アパレル付属品(アクセサリー類)や素材(石油系素材)の多様化により、検針機で誤検知する商品が増えてきています。検針自体の強化(感度レベルを上げる)という事も背景にあります。ハシマは、これらの誤検知による反応と、通常の磁性体による反応がベルトスピードによって変化するという事を発見しました。
これを利用し、スーパーファインモードでコンベア速度を落とし、設定の感度レベルは担保しながら付属品を通過させるという設定を可能にしました。ただ単にベルトスピードを落とすという事ではありません。
(※特許取得済み No,5199725、5324818)

誤検知反応の可能性がない商品は、今まで通りハシマ検針機の特性である早いコンベア速度 (40m/分)で他社検針機よりも効率の良い作業で検針できます。




 
ページの先頭に戻る