技術情報

検針機

針管理と検査レポート

作業者はスペアの針は持たない!

針が折れた場合は必ず復元して、管理者に提出し針数を管理する。

針折れ時の作業者の基本的なアクション

  • 目視、磁石などを使用しミシン内部などを確認。
  • ハンディ検針機で商品を確認。
  • 目視、ハンディ検針機、磁石などで、周りにある商品やミシンの周辺を確認。
  • それでも折れ針部分が見つからない場合は、工場管理者が適切な処置をし、記録する。

検針機検査報告書

ハシマ社員かハシマ正規代理店に属する
講習を受けた技術者のみ記入可能。

(参照) 正規代理店技術者
ライセンス
(ベトナム)

検針機検査報告書
(日本国内用)

検針機検査報告書
(海外用中文)

検針機検査報告書
(海外用英文)

検ハシマ正規技術者のみ作成可能。

ページの先頭に戻る